バスガイドのやる気まんまんブログ


by bdfbsnrcfb

<   2010年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 東京都台東区の上野動物園で24日、「北限のサル」として国の天然記念物に指定されている青森県下北半島のニホンザル1匹が、この日から始まった一般公開の開始直後にサル山から逃げ、約6時間後に数百メートル離れた上野公園内の飲食店の地下階段で捕獲された。

 動物園によると、同日午前9時半ごろ、23匹が初の一般公開のため園内のサル山に放された。その直後に、うち1匹が高さ約4.5メートルの垂直のコンクリート製の壁を駆け上り、園外に逃げたという。

 動物園や上野署が捜索していた午後4時、公園内の飲食店「桜木亭」の地下倉庫への階段にいるのを店の清水利行代表(30)が発見、110番通報した。駆けつけた動物園の職員に網で捕獲され、動物園に連れ戻された。落ち着くまで、人目につかない個室で飼育されるという。

 清水さんは「黒いものが、信じられない勢いで走っていくのが見えて、逃げたサルに違いないと思った。捕まったあとは神妙そうにしていた」と同情していた。

 「北限のサル」は、ヒトを除く霊長類では最北端に生息。「スノーモンキー」とも呼ばれ、世界的に知られている。【市川明代、山本将克】

【関連ニュース】
上野動物園:ニホンザル1匹が逃走 園外での目撃情報も
サル:襲われけが 鹿嶋で3件相次ぐ /茨城
モンキードッグ:猿…困った 農作物に被害、飼い犬で退治に挑戦
掘り出しニュース:ニホンザル 「健太」大往生、23年間ボスの座守る
<写真特集>サルの仲間も 毎日動物園

<学生音コン>入賞者演奏会と表彰式 東京大会(毎日新聞)
都議補選終盤戦 島の発展へ舌戦 自・民、国会議員ら動員(産経新聞)
ビル陰対策が課題=地デジ完全移行まで1年半(時事通信)
国内医療用医薬品は順調に推移―田辺三菱製薬4−12月期決算(医療介護CBニュース)
チンパンジー 自分の名前を認識 脳波実験で判明(毎日新聞)
[PR]
by bdfbsnrcfb | 2010-01-31 15:15
 よりによって警察署内で放火事件が起きた。23日午前4時45分ごろ、大阪市中央区東心斎橋の大阪府警南署の2階保護室で、保護していた男が毛布にライターで火をつけた。発見した署員が消火器で消し止め、男を現住建造物等放火の疑いで現行犯逮捕。火は数分で消え、けが人はなかったが、保護室は床と壁の一部がこげた。

 南署によると、男は自称で同区の無職、平阪政春容疑者(50)。同日午前3時50分ごろ南署に乗り込んだ平阪容疑者は「110番しても警察は来んのか!」「家が火事や!」などと絶叫。自らの携帯電話で119番通報して救急車を呼び出した後、電話機を床に投げつけ壊すなど、意味不明の行動を繰り返した。

 救急車が到着する前にいったんタクシーで退散したが、午前4時半ごろに再び現れると、ガラス戸を蹴るなどした。酒のにおいがしたため署員が保護したが、約10分後に火災報知機が作動。その部屋には、平阪容疑者1人しかいなかった。

 平阪容疑者は「何をやったのか分からない」と供述。酒で前後不覚になったのかどうかは不明だが、容疑を否認している。保護する際は刃物やライターなど危険物を持っていないか調べる必要があったが、暴れたため確認できなかったという。



 【関連記事】
大阪府警 保護室 現住建造物等放火 を調べる

節分の巻きずし商標訴訟、イオンが逆転勝訴(読売新聞)
時効ぎりぎり、7年前の強姦・強盗容疑で逮捕(読売新聞)
ハイチ大地震 「72時間」経過後も奇跡の生還相次ぐ(産経新聞)
「若者を惹きつける新聞」テーマに 桃山学院大で実践講座(産経新聞)
指揮権発動、法相一転「介入の意思ない」(読売新聞)
[PR]
by bdfbsnrcfb | 2010-01-30 00:58
 18日に閉鎖した「公設派遣村」を巡り、東京都は26日までに都民の声課に寄せられた都民の意見をまとめた。派遣村に「肯定的意見」は4%未満だった一方、「否定的意見」は59%だった。

 同課には4〜21日までに計103件の意見が寄せられ、「問題もあるが理解すべき」など派遣村に肯定的な意見は4件、「税金を投じるのはおかしい」など否定的な意見は61件、また、「派遣切り以外の入所者も多数いるのになぜ派遣村と呼ぶのか」といった質問が38件だった。

 同課は「多数の所在不明者が出た前後から意見が多数寄せられた。都民の声課以外にも担当局に直接、意見が寄せられており、実数は不明」としている。

【関連:公設派遣村】
一時金“持ち逃げ”全員特定 派遣村入所を厳格化
本当に“派遣村”なの? 存在意義めぐり議論
派遣村の不明者約90人戻る 「無断外泊禁止」の張り紙効果?
就活費で酒、たばこ…「公設派遣村」悪質入所者に返金要求へ
はい上がる方法ないのか…派遣村に目立つ熟年男性

札幌の女性殺害、遺体に雪をかぶせた形跡(読売新聞)
死因究明研究会、29日から=制度のあり方を議論−警察庁(時事通信)
女子中学生らに大麻、ラップシンガーの男逮捕(読売新聞)
「信じて」発言、誤解与えた=鳩山首相(時事通信)
首相動静(1月24日)(時事通信)
[PR]
by bdfbsnrcfb | 2010-01-28 19:37
 24日の沖縄県名護市長選で、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の同市辺野古への移設反対を訴え初当選した稲嶺進氏(64)は25日、同市で記者会見した。稲嶺氏は「手始めに議会と協力して反対決議、あるいは意見書を決議してもらい、しっかりと政府や県に対して市民の意思を伝えたい」と述べた。

 鳩山由紀夫首相が移設先について「ゼロベースで国が結論を出す」と述べたことについては「今回の選挙(結果)は13年前の(移設反対が過半数を占めた)市民投票と同じで、これまで(の市長選)と違う。そのことをしっかりとくみ取っていただきたい」と強調した。

 政府内で同県伊江島や下地島など辺野古以外の県内移設案が浮上していることについては「全国の米軍基地の75%が沖縄に集中する中で、なお県内で普天間の代替施設を確保するのは無理がある」と指摘。さらに、政府内の一部で模索されている、同市辺野古のキャンプ・シュワブ内に統合・移転する陸上案については「陸だから良いということにはならない」と述べ、海上案と同様に反対する姿勢を明らかにした。【阿部周一】

【関連ニュース】
名護市長選:県外移設の圧力増す…米各紙が結果を詳報
津市長選:告示 新人と現職一騎打ちに
宮崎市長選:元旧佐土原町長の戸敷正氏が初当選
都城市長選:長峯誠氏が再選
延岡市長選:首藤正治氏が再選

白金温泉 凍らない滝とブルーリバー 北海道(毎日新聞)
作家・佐々木譲 東京が舞台では書けなかった(産経新聞)
地方行脚、栃木からスタート=「国民の声大事」−首相(時事通信)
デイリースポーツ電子版発行へ=神戸新聞社(時事通信)
可視化、冷静な議論必要=公明代表(時事通信)
[PR]
by bdfbsnrcfb | 2010-01-27 09:04